ホーム > お役立ち情報 > プロが語る土地のマル秘情報

プロが語る土地のマル秘情報

2011年05月30日

一戸建て住宅を買おうと思ったら②

諸事情により更新が遅れておりましたが、復活です。 ライフサイクルとマイホームの取得時期の関係について今回は見ていきます。
【種類と時期】
「予算があり、広い土地も購入した。有名なハウスメーカーで立派な住宅を建てよう!」という方であっても、(極端な例ですが)今の賃貸住宅からの立ち退きで、来月までに引越ししないとならない事情がある方であれば、注文住宅での取得は難しいでしょう(仮住まいをすれば可能ですが、余計な費用がかかります)。
敷地の調査、契約、建物の打合せ、着工、完成、引渡し・・・。早くても引越ができるようになるまでには、4カ月から半年は見ておかなければならないでしょう。

【予算と時期】
金融情勢が悪い時には、マイホーム資金の調達が予定した通りにいかないこともあります。また、注文住宅の場合、住宅資材や設備の相場が高いときには、必要な費用は高額になりますし、景気の動向によっては、金利が高くなり、希望通りの借り入れができないこともあります。

【ライフサイクルと時期】
自分の家族のライフサイクルを考慮しての、「ベストな時期・タイミング」があるでしょう。
例えば、「長男を転校させたくないので、小学校に上がる前の年に購入しよう!」「35歳までは安い賃料の社宅に住めるので、その間に自己資金を貯めて、社宅を出る前に購入しよう」
このように各家庭のライフサイクルによっても適切な購入時期は異なります。

このように、一口に取得時期といっても様々な要件がかかわってきます。その要件も内的要件もあれば外的要件もありますので、周りの人の意見を参考にしつつ、早めの対応を心がけましょう。

一覧に戻る

「おまかせメール」 ご登録はこちらから