ホーム > お役立ち情報 > プロが語る土地のマル秘情報

プロが語る土地のマル秘情報

2012年07月02日

知っておいたほうがいい住まいに関する知識⑦ 「地盤」

今回は、「地盤」についての知識です。あくまでも一般論ですが、軟弱地盤は水の集まる低地に多いといわれています。
低地には雨水や地下水が四方から集中します。雨水は背後の高台から微細な泥を運んで、何千年という長い年月をかけて厚く堆積して軟弱地盤を形成します。

一般の方でもわかりやすい「低地の特徴」としては、『坂道を下りきったところ』、『水路や川、池のそば』、『水に関する漢字を使う地名(池・渡・流・湖・沼・島・泉・田・鷺・崎など)』があります。
ご自分で土地を見に行かれるときには、このあたりも注意して確認することをお勧めします。
わからない場合は、どうぞお気軽にご相談ください。

安全・安心ということはもちろんのこと、地盤改良工事にともない費用の追加、建物完成までの期間の長期化、予期せぬ出費が発生することもありますので、くれぐれもご注意ください。

地盤が心配な場合は、事前に専門会社に検査を依頼するのもよいでしょう。費用は掛かりますが、購入前にその土地の状態を知ることができますので、どの程度の地盤補強が必要か把握でき、資金計画も立て易くなるでしょう。

一覧に戻る

「おまかせメール」 ご登録はこちらから