ホーム > 借りたい > お部屋探しのポイント

お部屋探しのポイント

お部屋の中も隅々までしっかりチェック。

お部屋探し、それは新しい生活への第一歩です。これから始まる生活をより快適にするために。立地や周辺環境だけでなく、お部屋の中もしっかり確認しておきましょう。

知っておきたい専門用語

更新料

賃貸アパートやマンションの場合、一般的に2年の契約を結ぶことになります。契約期間を過ぎてからも住みたい場合は、契約の更新を行い、大家さんに対して更新料を支払います。一般的に新家賃の1ヶ月分。更新料なしの物件もあります。

 
少額短期保険

保険金額が少額で、保障期間が1~2年と短い保険のこと。賃貸契約を結ぶ際、多くの場合、火災や水漏れ、盗難などにより損害を受けた場合に保険金が支払われる少額短期保険への加入が義務付けられています。2年間の契約で、保険料は15,000~20,000円。

 
種別・構造

実はマンションとアパートの違いは曖昧です。耐火・耐震・防音性などは構造から判断しましょう。木造→軽量鉄骨造→鉄骨造→鉄筋コンクリート→鉄骨鉄筋コンクリートの順で丈夫になり、家賃も高くなる傾向にあります。

 
専有面積

バス・トイレ・収納など全部を含んだ面積。1.62㎡=1畳。畳数だけで判断すると、収納スペースなどが狭い場合があり、要注意です。

 
設 備

エアコン、給湯器など部屋に付属している設備のこと。実際はエアコンなどがあるのに「設備」とされていない場合は、前の入居者が置いていった可能性があります。その場合、壊れても大家さんは修理してくれません。電球なども同様です。切れたら自分で交換する必要があります。何が設備とされているか、確認しておきましょう。

 
現 況

「現況」という字の通り、現在の状況という意味の言葉で、物件資料では「入居中」「建築中」「即入居可」といった言葉と一緒に出てきます。物件がどんな状況にあるか、しっかり把握しておきましょう。即入居の場合、部屋はすぐに見られますが、家賃もすぐに払わなければなりません。入居中や建築中だと、部屋を確認することなく契約しなければならない場合もあります。

 
賃貸物件に関するお問合せ どんなことでもお気軽にお問合せください。 お電話でのお問合せ 053-449-5656 お問合せフォーム